オートミールで鶏むね肉のハンバーグ

オートミールで鶏むね肉のハンバーグ


久しぶりの更新です🖊
今回はTwitterのフォロワーさんである@kokagamiyoさんのアイデアで鶏むね肉の挽肉ハンバーグを作りました✨

思っていた通りオートミールの水の量を調節する事で、ある程度まとまりやすく美味しいハンバーグとなりました❕
しかも鶏むね肉の為ヘルシーなハンバーグなので罪悪感はゼロです👍

オートミールでかさ増しされるので,鶏むね肉100gでも一人分には少し多いぐらいの量ができちゃいます👌 
また、減量中にどうしてもハンバーガー食べたい時は、イングリッシュマフィンなどに挟み、目玉焼きまで追加すればMcDonald’sでやってる月見バーガーも作ることができます🌕

イングリッシュマフィンは脂質も低いのでパンの中ではオススメです🍞

オートミールで鶏むね肉のハンバーグ

オートミールで鶏むね肉のハンバーグ

オートミールと鶏むね肉を混ぜ合わせたハンバーグレシピです♩
Prep Time 5 mins
Cook Time 10 mins
Total Time 15 mins
Course おかず, おつまみ
Cuisine 和食
Servings 1

Ingredients
  

  • 30 g オートミール 日食プレミアムピュアオートミール
  • 100 g 鶏胸肉のひき肉
  • ½ 玉ねぎ
  • 70 cc 牛乳

★調味料

  • 2 つまみ
  • 少々 胡椒
  • ½ 小さじ 砂糖

◆ソース

  • 1 大さじ ケチャップ
  • ½ 小さじ ウスターソース
  • ½ 小さじ 醤油

Instructions
 

  • たまねぎをみじん切りにしフライパンに少量の油をひいたら、色が変わるまで中火で炒める
  • オートミール30gに牛乳を入れ電子レンジ600Wで1分20秒温める
  • 炒めた玉ねぎと★調味料をオートミールに入れ、手でよく混ぜ合わせる
  • 丸く形を整えハンバーグの形に成形する
  • フライパンに少量の油をひき中火で焦げ目がつくまで両面を焼く
  • 小皿に◆ソースを入れ混ぜ合わせソースを作る
  • 両面焼けたら皿に取り出しソースをかける
Keyword オートミール, ハンバーグ, 鶏胸肉

■オートミールに合う調味料・具材

❶白だし

オートミール30gに対して小さじ1入れると、オートミールの独特な匂いも緩和されどんなレシピにも合います。卵との相性も抜群です。
当サイトで掲載しているレシピで使用されているの『ヤマキの白だし』です。
容量200mlで250円程でとても安く、オートミール以外でも使えるので買っておいて間違い無いでしょう。

❷小ねぎ

スーパーに行くとすでにカットされている小ねぎが売っています。
自分で小ねぎを買って小さく切り保存しておける人はいいですが、時間がなく面倒くさがりな人はこちらが便利です。
オートミールを何かのスープで食べる際など小ねぎを入れるとアクセントになります。

❸めんつゆ

こちらも白だしと同じような使い方です。商品によって希釈度が違いますが大体オートミール30gに小さじ1入れると丁度よく味がつきます。
ご家庭に必ずある調味料だと思いますのでぜひお試しください。

❹牛乳

定番の牛乳です。フルーツやオーバーナイトオーツで食べる時によく使います
また、コンソメを入れてカルボナーラ風にしてもとても美味しいです。ダイエット中の方は低脂肪乳の方が良いでしょう。

❺ギリシャヨーグルト

ヨーグルトの中でも低脂質・高たんぱく質のギリシャヨーグルトです。
OIKOS、パルテノ、THE GREEK いくつか種類ありますがTOP VALUEの商品をお勧めします。他の商品より水分量が多く食べやすい事と、色々な味がありどれもとても美味しいです。またどれも高たんぱく質です。筆者が一番オススメの味はバニラ味です。

❻フルーツ

フルーツは基本的に何でも合います。特にバナナやベリー系がオススメです。
前日の夜に牛乳に浸しておき(オーバーナイトオーツ)朝食べる直前にフルーツをのせて食べると良いでしょう。
また、バナナとオートミールと牛乳をよくかき混ぜ、フライパンで焼く事でパンケーキ風にもなります。バナナは栄養価が高く価格も安い為、当サイトのレシピにもよく登場します。

❼とろけるチーズ

当サイトのレシピでもよく登場します。とろけるチーズを使った代表的なレシピは『オートミールでチーズがレッド』です。とろけるチーズ2枚あれば作れる簡単・お手軽なレシピで筆者もお気に入りのレシピです。
オートミールはレンジでチンして食べる事が多いので、その時に上に乗せるだけで味のアクセントになるので使い勝手の良い食材です。
タンパク質も多いですが、同様に資質も多いのでダイエット中の人は摂取しすぎに気をつけましょう。

top page